mofurikoのセルフネイル 黒と金で大人ネイル

今日はmofurikoのセルフネイル 黒と金だけを使った大人ネイルアート極妻仕様のご紹介です。

先ずですね、今回はかなり考えまして、こんなデザインを書いてみました。このデザインにあわせてセルフネイルの予定です。

そして使用しましたのは、こちらのネイルホリックの黒とちふれの細筆の金。ネイルホリックはドラッグストアで、ちふれはスーパーにもありますね。両方とも350円程度のリーズナブルなやつです。

因みにちふれは日本製、ホリックはフランス製です。

そしてダイソーで買った金のテープ2種類。

 

セリアなどは、こういうシール類もほとんどが中国製なんですが、ダイソーさすがですね、日本製が多いです。なので買うのならばダイソーかなあ思います。

ではセルフ大人ネイル開始。

先ずは基本の黒を塗ります。塗るだけなので簡単です。多少はみ出ても、後で修正等可能なので、塗ったばかりの時は何もしません。

何か?作業しますと、よけいによれたり、何か?ありますから。

私の場合は、基本の色を塗った翌日から、デザインに入ります。

その方が簡単です。

デザインにあわせて切ったダイソーの金のテープを爪に貼っていきます。

 

こんな感じですね。

貼ったら、ちふれの金を様子をみながら入れていきます。

さらにゴージャスな感じになっていきます。

私の場合は親指が動画で一番見られますので、親指、人差し指に力を入れます。どの指に力を入れてデザインするか?は皆さんのご事情にあわせてくださいね。

あとの爪は全体のバランスを見ながら、どの指にデザインするか?考えます。今回は小指なども金を入れました。

そんな今回のネイルを塗った動画がこちら。どうぞ興味の出た方はこちらも併せてご覧になって下さい。

ノンアセトンの除光液とグリセリンで作るリムーバーポッドの作り方

ノンアセトンの除光液とグリセリンで作るリムーバーポッドのご紹介です。

これね。

リムバーポッドはネイルがサクッと落ちて本当に便利です。しかし、除光液ってのはけっこう爪に悪い。私がダイソーで見たのは、アセトンに水やら保湿成分を入れたやつ、これでした。

もうちょっと成分のええ爪に優しいリムーバーポッドが作れないのか?と思い、ノンアセトンの除光液を買ってきて、そして保湿成分のグリセリンを入れて作りました。

そんなノンアセトンの除光液で作る手作りノンアセトンのリムーバーポッドです。

ではレシピから。

無印の除光液 15ml
グリセリン 小さじ半分
小さい空き瓶

作り方は皆さんもご存知のとうりです。

まずは、除光液を瓶に入れてグリセリンも入れて混ぜます。この時フタをして決して振らないこと。無印のノンアセトンと言っても危険な事には変わりありませんから。

そしてスポンジを入れて出来上がり。

選ぶ瓶によって量が少なすぎる場合は除光液を足し、もっと爪に優しいのを求められてる方はグリセリンを足されてみて下さい。そのへんは調整可能です。

そして動画を撮りましたので、興味のある方はどうぞのぞかれてみて下さい。

そして材料について

今回はノンアセトンの除光液は無印のモノを使用しました。理由は動画内でも言っておりますが、無印のが一番マシやったからです。

見ていただいたとうり炭酸プロピレンが入ってます。これも危険な成分ではありますが、まだアセトンよりはマシ?みたいな感じです。しかも変性アルコール入ってますので、まだ薄められてる感ありました。

他社は炭酸プロピレンオンリーだったので。

そしてグリセリン。

ドラッグストアなどで一番手に入りやすい材料ですので選びました。お値段は400円ほどです。

どうぞ、ちょっとでも爪に優しいリムーバーポッドを求められてる方は手作りされてみて下さい。あとですね、もっと爪に優しいリムーバーポッド作りたいなあと思っております。

水を入れたり、もっと保湿成分や油を入れたり可能かと思いますんで、また新しいレシピ出来ましたらご紹介してまいります。どうぞ興味のある方は、またのぞかれに来てやって下さい。

mofurikoのセルフネイル ノンアセトンの除光液

今日は、最近ゲットしましたノンアセトンの除光液3メーカーを比較、ご紹介したい思います。

 

セルフネイルをしだしてから、ネイルを落とす度に爪への影響を心配するようになりましてね、まあ元々、除光液が爪に良くない事は知ってましたんで、必ず除光液はちゃんとしたメーカーのを使ってました。

また、ネイルを落とす時もゴシゴシこすらず、落ちたら即行水で洗いオリーブオイルなどをつけてケアしてましたんで、黄色くなることも無く。

しかし、それでも毎週除光液を使いますんで、ちょっとでも爪に優しい除光液が無いか?と検索しましたら、あるやんか。

それもいろんなメーカーが出してるし、へえ~と思い近所のドラッグストアに行きましたら、ドラッグストアにもあるやんか?ノンアセトンの除光液。

それが、これディアローラのノンアセトンの除光液680円。

ところが。調べましたらこれ生産終了してますわ・・・。我が家のへんは田舎やから店舗に残ってたんですかね?

で、裏にはオイルで落とすから爪が乾燥しないとあります。へえ~オイルなんだ。

その成分がこれ。炭酸プロピレンの文字。

炭酸プロピレンってなんだ?と思い調べてみますと、無色無臭の液体で可燃性あり、ようはアセトンと大して変わらん?みたいな。実際、これを使ってツメが黄色くなったと書かれてる方も居られたんで、ふ~んみたいな。

いずれにしろ溶剤ゆうこっちゃ。

ネイル落としたら、すぐに洗って、ケアせんならん。ふーん・・・・・・考えるわ。

そして次のこれ無印の除光液。

こいつの成分がまた、同じやんか。

炭酸プロピレン。ただ変性アルコールとオレンジ油が入ってる。

変性アルコールってのは飲食用では無いと言うアルコールで、でもアルコールなんやと。そして酒税がかからない。これが一番のポイント。つまりコストを安く出来る。

そして変性アルコールは化粧品などにも収斂作用の成分として配合される。そして溶剤としての機能も持っている。無印のは炭酸プロピレンに変性アルコール、そしてオレンジ油が入ってるから、多少はマシなのかなあ?

そんな感じや思います。

そして最後、キャンドゥで買ったノンアセトンの除光液がこれ。

ノンアセトンと記載。

そして爪、手肌に優しいの文字。

しかし、その成分はまたもや違う。

これ。

酢酸エチル、エタノール、イソプロパノール、水、パエルミチン酸エチルヘキシル、PG,香料。

酢酸エチルは毒物及び劇物取締法に指定されてる。エタノールは掃除、殺菌に使われるやつ。イソプロパノールも同じようなヤツ。なので、ポイントは酢酸エチルと思われる。

う~ん、3つともはっきり言って、そんなにアセトンと変わらん???みたいな。

なかなか厳しい。

ちなみに私が道具類の掃除用として使用しているのが、ダイソーのこれ。

こいつは完全にアセトンやけど、グリセリンやら褐藻エキスやら入っている。まだ保湿エキスやら入ってるだけ良心的?みたいな。いすれにしろ、除光液はどいつも安全では無いってのが分かった。

ちょっと、これからもいろいろ除光液に関しては調べていこうと思いましたよ。

でも、とりあえずは一番マシそうなのが、無印って分かったんで、これから使用していこうと思います。

 

mofurikoのセルフネイル ハロウィンをイメージ

今日はmofurikoのセルフネイル、ハロウィン デザインのご紹介です。

youtubeに自分が出るようになりましてからは、かなり見た目に気を使うようになりまして、特にネイルですね、今はネイルするのも身だしなみの一つとして考えられてるようで、人に見られるお仕事をしている場合はもう必須みたいな感じです。

そこで、私もセルフでネイルするようになりまして、最初は面倒くさい感じやったんですが、やり出しますとこれがハマッてしまいまして。

今では、100均でネイルスタンプやらシール等いろんなグッズなで集めるようになりました。

そんなmofurikoの9月2週目のネイルはハロウィンが近づいていると言う事もあり、ハロウィンをイメージしたモノにしました。しかし、何を言うても50代ですんで、そこはアダルトな大人テイストのネイルにしたつもりです。そして、ちょっと遊び心で蝙蝠などを飛ばしました。

どうぞ皆さんのセルフネイルの参考になれば幸いです。

で、今回使ったのが、ホリックの赤のフレークとレブロンの銀。そしてネイルホリックの黒と白です。

先ずはレブロンの銀を塗り、そしてネイルホリックの赤のフレークを。中指は蝙蝠を飛ばす予定なんで白を塗りましたよ。でもシルバーと赤のフレークでも十分と言った感じです。

そしてマスキングテープを細く切り、中指に3本貼り、上から黒を塗りますと、こんな感じに。初心者なんでビミョーですが、まあまあ上手く出来たかと。

そして自作の蝙蝠をサランラップに作っておきましたので、それを剥がしてペタリ。

ついでにセリアに売ってたハロウィンシールの小さい蝙蝠も貼り付けました。

すると、こうなった。(まあまあ、イメージどうりだにゃ、みたいな)

そして親指と人差し指は、マスキングテープを十字に貼り、上からネイルホリックの黒を。十字架をイメージしたつもりです。

 

そして右手の親指は自作の蝙蝠を2羽飛ばしました。これね。何とか分かるかな?みたいな。

 

まあまあ、何とか初心者の割りには、上手く出来たと思います。

 

この記事のネイルは、こちらの動画で見る事が出来ます。どうぞ興味の出た方はのぞいてやって下さい。