mofurikoのセルフネイル ノンアセトンの除光液

今日は、最近ゲットしましたノンアセトンの除光液3メーカーを比較、ご紹介したい思います。

 

セルフネイルをしだしてから、ネイルを落とす度に爪への影響を心配するようになりましてね、まあ元々、除光液が爪に良くない事は知ってましたんで、必ず除光液はちゃんとしたメーカーのを使ってました。

また、ネイルを落とす時もゴシゴシこすらず、落ちたら即行水で洗いオリーブオイルなどをつけてケアしてましたんで、黄色くなることも無く。

しかし、それでも毎週除光液を使いますんで、ちょっとでも爪に優しい除光液が無いか?と検索しましたら、あるやんか。

それもいろんなメーカーが出してるし、へえ~と思い近所のドラッグストアに行きましたら、ドラッグストアにもあるやんか?ノンアセトンの除光液。

それが、これディアローラのノンアセトンの除光液680円。

ところが。調べましたらこれ生産終了してますわ・・・。我が家のへんは田舎やから店舗に残ってたんですかね?

で、裏にはオイルで落とすから爪が乾燥しないとあります。へえ~オイルなんだ。

その成分がこれ。炭酸プロピレンの文字。

炭酸プロピレンってなんだ?と思い調べてみますと、無色無臭の液体で可燃性あり、ようはアセトンと大して変わらん?みたいな。実際、これを使ってツメが黄色くなったと書かれてる方も居られたんで、ふ~んみたいな。

いずれにしろ溶剤ゆうこっちゃ。

ネイル落としたら、すぐに洗って、ケアせんならん。ふーん・・・・・・考えるわ。

そして次のこれ無印の除光液。

こいつの成分がまた、同じやんか。

炭酸プロピレン。ただ変性アルコールとオレンジ油が入ってる。

変性アルコールってのは飲食用では無いと言うアルコールで、でもアルコールなんやと。そして酒税がかからない。これが一番のポイント。つまりコストを安く出来る。

そして変性アルコールは化粧品などにも収斂作用の成分として配合される。そして溶剤としての機能も持っている。無印のは炭酸プロピレンに変性アルコール、そしてオレンジ油が入ってるから、多少はマシなのかなあ?

そんな感じや思います。

そして最後、キャンドゥで買ったノンアセトンの除光液がこれ。

ノンアセトンと記載。

そして爪、手肌に優しいの文字。

しかし、その成分はまたもや違う。

これ。

酢酸エチル、エタノール、イソプロパノール、水、パエルミチン酸エチルヘキシル、PG,香料。

酢酸エチルは毒物及び劇物取締法に指定されてる。エタノールは掃除、殺菌に使われるやつ。イソプロパノールも同じようなヤツ。なので、ポイントは酢酸エチルと思われる。

う~ん、3つともはっきり言って、そんなにアセトンと変わらん???みたいな。

なかなか厳しい。

ちなみに私が道具類の掃除用として使用しているのが、ダイソーのこれ。

こいつは完全にアセトンやけど、グリセリンやら褐藻エキスやら入っている。まだ保湿エキスやら入ってるだけ良心的?みたいな。いすれにしろ、除光液はどいつも安全では無いってのが分かった。

ちょっと、これからもいろいろ除光液に関しては調べていこうと思いましたよ。

でも、とりあえずは一番マシそうなのが、無印って分かったんで、これから使用していこうと思います。